電子タバコがマスコミで話題沸騰〜脱ニコチン禁煙生活のススメ

電子タバコの原理

以下、wikipedia出典。

 

 

電子タバコは、

香港に所在する金龍グループ資本下の

北京SBT如煙科技発展有限公司が2003年に

世界で初めて開発したとされています。

 

 

 

 

専用カートリッジ内の液体を電気的に霧状化し、

その微粒子を吸引する事でタ バコの代替とする製品です。

 

 

 

一般的なタバコとは異なり、火気を用 いない上に

燃焼に伴うタールや一酸化炭素等も発生しません。

また、タバコの先端から副流煙が発生しない為、

他人に迷惑をかけず自身の健康を害する事もない

タバコ代替製品として、

2008年頃から日本国内においてもメディア等で

取り上げられ脚光を浴びています。

前述の企業以外のメーカー製品が市場に投入されています。

 

 

 

 

形状は葉巻型、パイプ型、紙巻煙草型、煙草型等様々な物

がありますが、構造的に は全てほぼ同じです。

 

 

 

 

「充電式バッテリー」(蓄電池)と「噴霧器としての本体 」、

「希釈液を含んだカートリッジ」(フレーバー)から構成されている

のが通常です。

 

 

 

 

バ ッテリーはほとんどの物がリチウムイオンバッテリーを

使用しており、継ぎ足 し充電が可能となっています。

 

 

 

 

カートリッジをケースから取り出して充電済みのバッテリー

本体と共にカート リッジにセットし、吸い口から吸引すると

自動的に気流センサーが反応し、カ ートリッジ内の液体を

霧状化、吸い口から霧状の希釈液を噴出します。

 

 

 

 

これは吸引した程度では霧状(ミスト)のままのため、

そのまま吐き出すと実際の煙のように見えます。

これを肺まで深く吸引した後に吐き出しても実際の煙草同様に

煙が見えます。

(ミスト[煙]が不完全な製品では見えにくいものも存在しまする)

 

 

 

 

こ れは、噴射されたミストの粒子が煙草の煙の粒子とほぼ

同じ大きさの為、水分 吸収されにくく、長く残るためです。

また色や煙(ミスト)の状態や長く煙 (ミスト)が空気中に

漂って見えるのも実際の煙と同様であるのはそのためです。

また、吸引すると同時に先端の赤色LEDが発光し、本当に

火をつけて吸 っている様に見えます。

 

 

 

 

カートリッジはニコチン含有量によって数種類用意されています。

ニコチンを含 まない物もあります(例:TaEco)。

 

 

 

 

またニコチン量以外にも、果物の香りといっ たタバコ以外の

香料を配合したカートリッジが用意されている製品もあります。

電子タバコは、普通のタバコでも禁煙具でもない1つの嗜好品

ですが、このよ うな性質上禁煙に利用することもできると

されています。

 

 

 

 

一般的な禁煙プログラ ムはニコチンの多いカートリッジから始め、

徐々にニコチンの少ないカートリ ッジへ移行し、最終的には

ニコチンを含まないカートリッジに移行する事でニ コチン依存

から効率的に脱却できるというものですが、ニコチン依存が

よほ ど強くない限り、実際の煙草を吸っているのと同様の感覚を

得られるために禁煙できるということも考えられています。